政策について③荻窪の街づくり

こんばんは。松本みつひろです。

今日は再び党の街宣車が杉並区に。荻窪駅北口で演説をしていたところ、冒頭から聞いて下さっていた80歳の男性が、スタッフからチラシを10枚くらい受け取っていました。
なんだろう?と思っていたら、一緒に配布を始めてくれました。
驚くと共に、感激して演説の声を詰まらせてしまいました。

一人で街頭に立ち始めてから2ヶ月半、仲間が少しずつ増えていることがとても幸せです。
「選挙しつつ組織し、組織しつつ選挙する」って、こういうことかもしれません。

昨日の出来事のような、素晴らしい思い出が日々積み重なる荻窪。
そして以前の記事にも書いたように、住んでいる人たちのことも好きで尊敬している荻窪ですが、
ハード面、街づくりという意味では、たくさんの課題があると思っています。

荻窪駅は一日約27万人が乗降し、39路線のバスが乗り入れる杉並区内最大の交通結節点です。

JR中央線が高架化されていないため、南北の往来がしにくいことをはじめとして、
様々な課題を抱えています。個人的にもベビーカーで南口から北口に行く時、本当に面倒です。

長年放置されてきた課題を、再開発をきっかけに解決していきます。
駅周辺の歩行者、自転車、自動車の関係性を整理し、安全に駅を利用できる環境を作っていきます。

防災観点では、無電柱化を推進。
子どもの通学路の防犯とお年寄りを見守る役割で、駅周辺に細かくカメラを設置していきます。

歩きたばこや駐輪禁止地区への駐輪などへの対策にも、将来的にこのカメラを活用していきます。

そして再開発のシンボルとなる高層ビルには、タワーマンション型の特別養護老人ホームを設置。
南伊豆町の特養には行きたくない、特養には入りたいが杉並に住み続けたい、
そんなお年寄りの方のご希望を叶えるために、荻窪駅周辺が上手に使えていない容積を活用します。

再開発ビルの敷地から人工地盤を線路の上に渡す形(新宿駅南口のようなイメージ)で、
南北交通の課題を解決できるのではないかと想定していますが、この辺りは、アイデアコンペの内容なども参考にして、ブラッシュアップしていく必要があります。

再開発と見ると、イコール大企業の利権のためと解釈する方もいらっしゃるようですが、
私はリクルートのSUUMOで働いていた時代に、再開発によって生まれ変わった街、街そのものを再開発が進化させている現場を、たくさん目の当たりにしてきました。
再開発に不可欠なパートナーである大手デベロッパー、彼らを儲けさせるための再開発ではなく、荻窪の未来を拓くため、大義に則した再開発を。

そしてそれが利権のためでなく、荻窪のための再開発であることを、徹底した情報公開で担保してまいります。

関連記事

  1. 小林ひとし葛飾区議会議員が党街宣車で杉並に応援で来て下さいました…
  2. 松本みつひろ、街宣中です!現在地はこちらです。
  3. 政策について④保育園と地域で子育て
  4. 将来世代のために働く、と宣言する覚悟
  5. 阿佐ヶ谷の皆さまありがとうございました
  6. 出陣式のお知らせ
  7. 政策について:区民の知恵袋さんとの協働
  8. 政策について②身を切る改革

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP