政策について:区民の知恵袋さんとの協働

こんばんは。松本みつひろです。

大阪維新の会、府知事、市長ともに勝利となりました。
今回の選挙について、日本維新の会の選対本部長を務める下地ミキオさんが、
先日こんなことを言っていました。

「約束を守ることを諦めたら、政治家は終わりです」

約束を守り続けてきたことを、大阪府市の皆さんが見ていて下さった、
ということになるんだと思います。大切なことを教わりました。

これまで政策として、5つのテーマについて詳述させていただきました。

①不妊治療無償化

②身を切る改革

③荻窪の街づくり

④保育園と地域で子育て

⑤行政の合理化

それ以外のテーマには取り組まないの?と聞かれることがありますが、
そんなことはなく、幅広く杉並区の改革を進めていきたいと思っています。
そのために大切なのが、知恵袋さんとの協働だと思っています。
迫真性のある課題感と、それに対する打ち手の研究に、私一人で取り組んで、
どれもこれも中途半端な結果に終わる、ということがないように、
知恵を授けてくれる人と、それを実行する私との協働で、幅広い杉並区の改革を実現します。

たとえば教育。まだ子どもが産まれたばかりの私としては、率直に言って
身に迫った課題を感じることがないのが現状ですが、この分野については、
杉並区立和田中学校で東京都初の民間人校長を務められた、
リクルートの先輩、藤原和博さんに教えを乞いながら、取組んで参ります。

「教育界の隠ぺい体質は、子を持つ親から強く不安視されている。
行政が情報公開を徹底することで、教育界の体質改善につなげていくべき」

「学校の先生だけでは学校が運営できない時代。
医師、警察、地域の住民との連携が必要。地域の力が求められている」

教育分野への提言でありながら、他の政策とも密接に関わっている
テーマが含まれているので、情報公開の徹底や、地域で子育てと一緒に進めてまいります。

教育だけでなく、一つ前の記事でご紹介したごみの問題も、
知恵袋さんに教えてもらいながら取り組んでいく予定ですし、
ひとり親世帯の支援というテーマでも、仲間ができました。

取組んでいるテーマがとてもたくさんあって、その一つ一つに、
そのテーマに特化して協働してくれている仲間がいる。
渋谷区長の長谷部健さんのホームページにある「これから」というコンテンツは、その集合体なのだそうです。

私も早く、そういうふうになれたらいいなと思っています。
直面している社会課題と、杉並区の立場でできるかもしれない打ち手のイメージを、
どんどんと預けていただけれる存在になっていきます。

関連記事

  1. 阿佐ヶ谷の皆さまありがとうございました
  2. 政策について③荻窪の街づくり
  3. 出陣式のお知らせ
  4. 告示日前日ですが、松本みつひろチームは今日からフルメンバーで本番…
  5. 将来世代のために働く、と宣言する覚悟
  6. 政策について④保育園と地域で子育て
  7. 明日の街頭活動予定
  8. 松本みつひろ、街宣中です!現在地はこちらです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP