将来世代のために働く、と宣言する覚悟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来世代のために働く、と宣言する覚悟

こんばんは。将来世代のための投資を、身を切る改革で実現する、松本みつひろです。
街頭演説会の合間などに、聞いて下さった方とお話する機会を意識して増やしていますが、
私は演説の中で何度も「将来世代のために」と宣言しているので、
先輩方から「あたしたちのためには、あなたは何をしてくれるの?」と聞かれることがよくあります。

実際に駅前を歩いている人たちは、多くの時間帯で、将来世代より先輩世代が多いです。
もっと前のタイミングで、演説の骨子を決めていく時にも、不妊治療無償化よりも、多くの人に該当する
間口の広いテーマを前に出していった方がいいのでは、というアドバイスを複数の方からいただいていました。

将来世代のための投資を、身を切る改革で実現する。
このフレーズには、将来世代への投資を、「増税とか福祉予算の削減とか借金とか、そういう手段ではなく、」身を切る改革で実現する、
という含意が込められていますが、ほぼ全員が聞いてくれながらも通り過ぎていく中で、そこまで説明しきれない点は悩ましく思っていました。

そんなある日、荻窪駅南口で演説していた時のこと。
以前から足を止めて演説を聞いて下さる先輩が、その日も聞いてくれていました。
この方は「身を切る改革」の部分がお気に入りで、演説のその部分が終わると
道の向こう側から盛大に拍手してくれたり、「そうだ!」と声を掛けてくれたりしている方でした。

演説を数回聞いて下さった後、その先輩が私のところに来てくれました。
目にいっぱいの涙を浮かべて。
私は極度に涙もろい人間で、その時点でもらい泣きしていました。

「頼むよ。ほんとに頼むよ!身を切る改革、議員定数半減してくれよ!
(将来世代への投資を)やらなくちゃいけないのはわかってるんだけど、
俺たちだって辛いんだよ!でも何とかしたいんだよ!頼んだよ!お願いだよ!」

駅前でうっすら抱き合いながら涙を流す76歳と35歳、という異様な光景になってしまいましたが、

「伝わった!ついに伝わった!!」

という感動が、もらい泣きに続いて私に訪れていました。

将来世代への投資、しなくてはいけないけれども、そのために
高齢者の暮らしを締め付けられるのも、つけの先送りに甘んじるのは嫌だ。
そうやって、自分のことも将来世代のことも真剣に考えている先輩方に、
身を切る改革で将来世代への投資を実現するのだ!という覚悟を伝えることができました。

明日が杉並区議会議員選挙の告示日。8日後には投票日がやってきます。
一人でも多くの人に伝えていきたい。
自分の暮らしを守りながら、将来世代に責任を持ち、期待を寄せられる日々を、
議員と行政の身を切る改革で、引き寄せることができること。
そのため選択の機会が、あと8日でやってまいります。

ここから1週間ちょっと、活動報告を掲載させていただきます。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 小林ひとし葛飾区議会議員が党街宣車で杉並に応援で来て下さいました…
  2. 政策について③荻窪の街づくり
  3. 阿佐ヶ谷の皆さまありがとうございました
  4. 政策について②身を切る改革
  5. 不妊治療について(記事紹介)
  6. 政策について⑤行政の合理化
  7. 明日の街頭活動予定
  8. 出陣式のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP