二人乗りベビーカーでの関東バス乗車が実現!

二人乗りベビーカーでのバス乗車について、昨年11月に関東バスを訪問しました。
https://matsumotomitsuhiro.com/?p=28451

先月、関東バスの方からご連絡をいただき、二人乗りベビーカーに子どもを乗せたままの乗車が5月23日から開始されたことをお知らせをいただいた上で、昨日区役所にご来庁いただきました。

(写真の掲載許可取得済み)

遅くなってしまってすみません・・・と仰られつつ、ノンステップバスについては保護者一人での乗車が可能となるなど、安全性を重視しつつも当事者がイメージする形での対応が実現できました。前の記事で論点にしていた、乗務員の方への教育も完了し、新しく入ってくる乗務員にも徹底して、ホスピタリティのある対応と合理的配慮を教え込んでいく、というお話をいただきました。

混雑時や先に二人乗りベビーカーが乗っている時、また関東バス全体で70台強が運行されているワンステップバスへの乗車の際はお連れの方の介助が必要など、いつでも・どんな時でも、というわけにはいきませんが、多くの利用シーンにおいて、二人の子どもを抱っこしてベビーカーを畳むといった「無理ゲー」を強いることがなくなったのではないかと考えています。都立バスの二人乗りベビーカー利用開始から1年が経ちましたが、ようやく杉並区のバス路線の多くを占める関東バスでも環境の改善に至りました。 

 

「お客様へお願いします」の欄を設けていただきました。この部分に、「ベビーカーでバスに乗り込んでいる保護者の方は、子どもがぐずったりしないか、とても緊張してバスに乗ってきています。温かい目で見守って下さいね。お子さんも、普段とは違う環境で落ち着かないと思いますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。」といった文章も付け加えて下さい、ということを私からお願いしました。

前向きに、関東バスさん側で文章を検討していただくことになりました。これは二人乗り(≒双子)ベビーカーの乗客だけでなく、子どもとバスに乗る全ての保護者さん共通だと思います。バスの中も、子育てしやすい社会・子育てしやすい杉並区になっていくことを期待したいと思います!

関連記事

  1. 厚生労働省に追加質問【不妊治療】
  2. 性交同意年齢引き上げ議論に関する私の見解
  3. 6月1日の一般質問について(質問全文)
  4. 不妊治療に関する国会勉強会に参加
  5. 12月15日 座談会、区政報告会を実施しました
  6. 杉並区議会本会議で「一般質問」を行います
  7. 厚労省が不妊治療実態調査 高額化に対応、助成見直しへ
  8. 特定不妊治療への助成制度について(厚生労働省と打合せ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP